カテゴリ:カラスバト( 1 )

カラスバト:金属光沢の映える枝姿:2017舳倉島探鳥②

カラスバト(ハト目ハト科カワラバト属)全長37~40cm翼開長63cm
日本特産種で伊豆・小笠原・南西諸島等の南西部の島で常緑広葉樹林に住み
木の実などを採食するようです。舳倉島探鳥で毎回出逢いますが・・・・・・
警戒心が強く、松林・広葉樹林の暗い場所にいるので、中々枝に止まっている姿を
撮る機会が少ない。二日目の夕方・・・松林の暗い場所に3羽が止まっている姿を確認。
2羽が気配を感じて飛び立つてしまいましたが・・・1羽が枝に止まってこちらを・・・
見て「爺さん!!早く撮ってね・・・」と一瞬のポーズをカメラに収める事が出来ました。
画像を確認すると・・・全身がカラスのように黒く、頸周りに紫・緑等の金属光沢が映える
華麗な姿・脚は桃色・嘴は青緑色で先端が淡い黄色でした。・・・ありがとう・・・・
c0319902_09254649.jpg
c0319902_09251476.jpg
c0319902_09244334.jpg
c0319902_09261955.jpg

by GOT8823HY | 2017-05-25 09:27 | カラスバト