カテゴリ:イナバヒタキ( 2 )

春の舳倉島探鳥総括

今まで秋2回舳倉島へ「珍鳥との出逢い」を期待して往訪しましたが・・・
残念ながらタイミングに恵まれず、今回初めて春の夏鳥の渡り時期に挑戦!!
5月中旬4泊5日の日程で往訪。天気に恵まれ暑い探鳥散策となりました。
前日まで逢いたいコウライウグイスさんがいたようでしたが・・・19日到着した時は
前夜に抜けてしまったようで出鼻をくじかれましたが!3日目に超珍鳥のイナバヒタキに
出逢い・撮りたかったムギマキ・カラスバト・チゴモズ・コシアカツバメさんに出逢うことが
できました。ご承知のように天気が崩れると渡りの途中に「羽を休める島」ですが好天が続くと
飛来数が少ないようです。しかし、秋より春の方が出逢う鳥さんが多いと感じました。
2軒しかない民宿の予約が確保できれば、春に往訪したいですね。。。。。
この度の探鳥散策でも・・・多くのバーダーさんにお世話になりありがとうございました。感謝!!
その他出逢えた鳥さん:ノゴマ♂♀キビタキ♂♀アマサギ・トビ・シメ・センダイムシクイ・マヒワ
アオジ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・カモメ・コムクドリ・ハヤブサ・アオバト・エゾビタキ・キジバト
サメビタキ・コサメビタキ・ギンムクドリ・カッコウ・ホシゴイ・ハチクマ・ブッポウソウ・キアシシギ・カラス
オグロシギ・キョウジョウシギ・ウグイス・オオヨシキリ・オオムシクイ・マミチャジナイ・アカハラ・イカル等

c0319902_07223499.jpg
c0319902_07224311.jpg

イナバヒタキ

c0319902_07225679.jpg


ムギマキ

c0319902_07230481.jpg


チゴモズ

c0319902_07231304.jpg


コシアカツバメ

c0319902_07243199.jpg


サメビタキ

c0319902_07240021.jpg

アオバト
c0319902_07264325.jpg

オグロシギ夏羽
c0319902_07304662.jpg

日の出
c0319902_07305538.jpg

舳倉島


by GOT8823HY | 2017-07-21 08:41 | イナバヒタキ

イナバヒタキ:初見初撮り2017舳倉島探鳥(22)

イナバヒタキ(スズメ目ツグミ科)全長17cm
舳倉島探鳥3日目の朝、南海岸沿いでイナバヒタキさんがいたとの情報が入り
急いでポイントに直行しましたが・・・すでに飛び去って姿が確認できませんでした。
集結したバーダーさんで海岸を探しましたが見つからない。そもそも・・・・
出逢った事のないイナバヒタキさんの容姿が分からないので教えていただきました。
トルコ・ロシア南部・モンゴル等で繁殖・冬季はエチオピア・ソマリア・西アフリカの
砂漠地帯で越冬するようです。日本には迷鳥として稀に渡来する「超珍鳥」との由。
眉班が細いが「白色で長く明瞭」・クチバシはやや太くて長い。頭頂から頬・背にかけてバフ灰色です。
日本で確認されたのは・・・舳倉島・大阪・千葉・新潟等数ヶ所のようです。
午後の炎天下の中、南西部の海岸でバーダーさんが見つけたとの連絡が入り・現地に向かう。
十数人のCMさんが海岸の岩にいる珍鳥を撮っていました。手持ちカメラでイナバヒタキを覗くと・・・
陽炎が強く・距離もあるのでピントが甘かったですが、珍鳥の容姿が撮れて感動しました。
3度目の往訪で・・・舳倉島往訪の目的が叶いました。・・・ありがとう・・・・
        (水浴びをしたようで羽が濡れていました。)

c0319902_09580479.jpg
c0319902_09582737.jpg
c0319902_09585114.jpg
c0319902_09594041.jpg
c0319902_10001275.jpg


by GOT8823HY | 2017-07-01 10:03 | イナバヒタキ