<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

”2013”記憶に残る鳥撮りを顧みる(9月~11月)

⑩ノゴマ(スズメ目ヒタキ科)
 主に北海道の夏鳥として草地や低木林に渡来し、その他地区は春・秋に渡る時にまれにみられると認識。
 幸いにして昨年・今年も出会えることができました。今年、オスの赤い斑紋鮮やかな赤色でした。
 地元の皆さんお世話様でした。
c0319902_15041478.jpg
c0319902_15072223.jpg
⑪ヘラサギ
 埼玉のI沼に43年ぶりに渡来した「ヘラサギ」に連日、多くのCMで賑わった。2年前にも8年ぶりに「クロツラヘラサギ」が渡来。
 昼間は、中州で寝ている時が多く。遠くから駆け付けたCM泣かせだったようです。2回(午前・午後)往訪しました。
 飛翔写真狙いは夕方と地元の方のアドバイスを頂戴して「ゲット」できました。
 最初に往訪した時にサプライズが起きました。中州でヘラサギが休んでいる処にアオサギ・セイタカシギが近づき3ショットの写真が撮れました。
 クロツラヘラサギ写真(在庫)も掲載します。
c0319902_15273482.jpg
c0319902_15294462.jpg

以上2013年記憶に残った「鳥撮り」を顧みました。趣味を通じて「いろいろな出会い」がありました。
お陰様で日々が新鮮で「ボケる暇がありません」機材の機能・パソコン操作も仲間の皆さんにご教授賜り
「ただただ」感謝です。本当にありがとうございました。来年も背伸びせず、楽しみたいと存じます。
又、来年5年目を迎え、ブログを開設させていただきました。不慣れなパソコンを習得して「ご訪問者」の
皆様に継続して閲覧いただけますよう精進して参りたいと存じます。
ご指導・ご支援の程宜しくお願い申し上げます。・・・良いお年をお迎えください・・・・・・・

by GOT8823HY | 2013-12-31 15:48 | ノゴマ

”2013”記憶に残る鳥撮りを顧みる(9月~11月)

⑨ツルシギ (チドリ目シギ科)(トリミング処理)
 赤色であり、ツルを連想させることから名前がついたようです。
 春一番で渡来する旅鳥で、秋は少ないようです。「初見初撮り
c0319902_14360986.jpg
c0319902_14352868.jpg
⑩セイタカシギ(チドリ目セイタカシギ科)
 が極端にピンク色と可愛い赤色眼が晩秋の陽光に映えた姿が脳裏に焼きつきました。
 「水辺の貴婦人」として人気があるようです。
c0319902_14472492.jpg
c0319902_14484507.jpg



by GOT8823HY | 2013-12-31 14:51 | ツルシギ

”2013”記憶に残る鳥撮りを顧みる(9月~11月)

 

⑨オグロシギ(チドリ目シギ科)「長く黒い足、長くまっすぐな嘴。全長38cm」
 9月に入り、鳥撮りの谷間です。今まで、シギ類には興味がなかった。鳥友に誘われ、車で10分ほどの休耕田に行きました。
 水鳥が餌を食べている姿を目の当たりに見て「可愛いじゃん」と叫びました。鳥友が「名前」を教えてくれました。

c0319902_09555473.jpg
c0319902_09591697.jpg


by GOT8823HY | 2013-12-31 10:01 | オグロシギ

"2013"記憶に残る鳥撮りを顧みる(7月~9月)

 
⑦ツミ (タカ目タカ科)の水浴び姿
今年の夏も、例年より暑く連日「猛暑日」を更新する。今年も営巣する公園で元気な雛が育ちました。
目が赤い雄の姿と公園の人工池で水浴び姿を日々狙っていました。しかし、残念ながら水場に
来てくれません?7月下旬午後2時頃(蒸し暑い日)水場に2羽飛来!!念願叶う。
c0319902_09065528.jpg
c0319902_09091659.jpg
⑧オオタカ(タカ目タカ科)
 昨年は、マナーの悪いバーダーが抱卵している成長を刺激。営巣を放棄して心配しましたが、今年も3羽の雛が育ち安心しました。
 猛暑の続く中、雛の成長姿を見守る日々でした。3羽の雛が至近距離に飛来、水溜りで「水浴び」「狩の練習」等楽しませてくれました。
c0319902_09272210.jpg
c0319902_09262399.jpg
          「オオタカ成長の狩姿」 (カメラ1DX レンズ600m F4)購入後初撮りでした。

c0319902_09311883.jpg




by GOT8823HY | 2013-12-31 09:38 | ツミ

"2013"記憶に残る鳥撮りを顧みる(4月~6月)

 
 
④マミジロ(ヒタキ科)雄は全身黒色で名の由来となった眉に白い眉斑がある。       ⑤オオルリ(スズメ目ヒタキ科)
 ゴールデンウィーク前に赤城山麓の森に日参。地に歩く姿は幾度も確認したが        木の天辺に止まり、美し声で囀る。姿も美しい鳥である。
 木の枝に止まる姿を「ゲット」とした時の情景を今でも思い出す。                    栃木の森に渡来。他のポイントよりも取りやすい情報を聞き
                                                    鳥友と出かけた。公園入り口の橋付近で姿を。。。癒されました。
                                      
                                       c0319902_20511646.jpg                                            
c0319902_20394196.jpg
⑥サンコウチョウ(スズメ目カササギヒタキ科)
 隣のA市の山にサンコウチョウが渡来した情報を聞き、鳥友と日参する。
 この鳥は暗い場所を好み、鳥撮りに大変苦労して撮りましたが
 現在所有カメラ機材では対応できない事を悟る事例となりました。
c0319902_21065017.jpg


 
by GOT8823HY | 2013-12-30 21:12 | マミジロ

”2013”記憶に残る鳥撮りを顧みる(1月~3月)

今年(2013)の鳥撮りで記憶に残った鳥を記載します。 
 ①キクイタダキ(スズメ目キクイタダキ科)日本最小の鳥(10cm)           ②ミヤマホォジロ(スズメ目ホォジロ科)全長16cm         
 今まで、撮りたいが撮れない小鳥であった。昨年9月頃から                西日本に生息するが東日本は少ない。K市の水場で初見鳥撮り
 公園緑地で良く見受けられた。動きが速く、頭の黄色い紋章が               出来た喜びを思い出す。ホォジロと比べ冠羽があり品格があるようだ!
 撮りにくいので大変苦労した。今年に入っても、姿を見せて
 バーダーが注目した鳥だった。しかし、今秋は姿を見ることが
 出来ない!!どうしたんだろうと心配する。           

c0319902_19382152.jpg  
c0319902_19560672.jpg

③トモエガモ(カモ目カモ科)全長40cmで主に関東以西及び日本海側に多い為、姿を見るのはまれである。栃木の公園にいる情報を聞き、行動を起こしたが姿なし。
 3月初旬、近くの公園の池に出没。至近距離で確認できた。この池には初めての渡来であり感動しました。
c0319902_20094852.jpg  
c0319902_20085163.jpg
                                       
by GOT8823HY | 2013-12-30 20:17 | キクイタダキ

イカルの「水」口移し姿!!

c0319902_10355556.jpg
 
 

2013年も後、1日と迫りました。今年の撮り鳥は1月2日近くの公園にて「ルリビタキ雄」との出会いが初撮りでした。
鳥友仲間さんに恵まれ、いろんな場所で鳥撮りを楽しむ事が出来ました。お世話様でした。感謝!の2文字です。
鳥撮り収めの昨日、鳥友さんと「イカル」が渡来している山へ行って来ました。現地へ到着してカメラをスタンバイ。
暫く(24分)して数羽のイカル姿を確認。先日、降った雨が大木の又に溜まっていたようで、水飲みに現れました。
最初は警戒していたが、又木に入り水を飲みました。サプライズが起きました。1羽のイカルが口に水を含み、仲間に
水を口移しする姿を目の当たりで確認。”感動”しました。


c0319902_10373107.jpgイカル(スズメ目アトリ科)
全長23cm 体は灰色で翼・尾・頭上は青味ある黒色なので撮影時の光が難しい鳥ですね!
イカルを待つ合間に、「ルリビタキ雄」が側に3回出没してくれました。今年はルリビタキで始まり、ルリビタキで撮り収めができたので鳥運の良い1年でした。
                    ・・・鳥さんありがとう・・・来年も楽しませて下さい。


c0319902_10482251.jpg



by GOT8823HY | 2013-12-30 10:54 | イカル

イソシギが遊んでくれました。

c0319902_16301827.jpg
c0319902_16272359.jpg
 

10時過ぎに天気が良かったので、久しぶりに利根川散策に出かけました。今日から正月休みになり
ミサゴのポイントには、沢山のCMがスタンバイしていました。「3回飛来したよ!!」の情報を
聞き、今日こそ「飛び込む姿」と気合がはいる。しかし、風が強くなり時間が経てども気配ない
セグロセキレイが近くに来たので、レンズを向ける。すると”側に”イソシギ姿を確認。
しばらく遊んでくれました。ミサゴ現れず退散。
イソシギ(チドリ目シギ科)
絶滅危惧Ⅱ類に指定。尾を上下に振りながら歩き、ユスリカや昆虫を捕えて食べる。

by GOT8823HY | 2013-12-28 16:35 | イソシギ

ベニマシコ『オス・メス』今冬初めてのご対面!!

 
車で約40分走って大きな遊水地公園へ行って来ました。毎年、公園の大きなアキニレの木の実を
食べにベニマシコが渡来します。数日前はいませんでしたが今日は、7羽いました。
オス3・メス4羽確認。オスの色は、薄赤色でした。実を頬張る姿はとても可愛いですね。
c0319902_20501398.jpg
c0319902_20533251.jpg
 

 

by GOT8823HY | 2013-12-28 15:49 | ベニマシコ

ハイイロチュウヒ(タカ目タカ科)日没前のネグラ帰りで苦戦!

c0319902_21325758.jpg今日も、鳥友と「ハイイロチュウヒ」を撮りに遊水地へ行って来ました。鳥友の話だと「風」強く吹く日は、明るい時に「ねぐら」に戻る確率がいとの由。
天気予報は、風が吹く予報!!で期待した。今回も、日没前に飛来!!
暗くて、遠いのでNGとなる。2月に狩場で撮影した在庫から掲載します。
c0319902_21341735.jpg

by GOT8823HY | 2013-12-27 21:39 | ハイイロチュウヒ