<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

アマサギ:婚姻色枝姿:2017舳倉島探鳥⑦

アマサギ(コウノトリ目サギ科アマサギ属)全長50cm
島の北西部海岸沿いの散策路を歩いていると、中央の松林が茂る枝に
アマサギさんが2羽止まっていました。居住地では・・・田植が終わる頃
稲穂の間から顔を出す姿が通例ですが!!木の枝・柵の上にいる姿は新鮮です。
灯台を背景に2羽の夏羽のアマサギさんを撮って見ました。風情が漂いますね!!
c0319902_22462502.jpg
c0319902_22451399.jpg
c0319902_22440362.jpg
c0319902_22434011.jpg
c0319902_22445104.jpg
c0319902_22460894.jpg

by GOT8823HY | 2017-05-31 09:10 | アマサギ

ブッポウソウ:飛翔&枝:2017舳倉島探鳥⑥

ブッポウソウ(ブッポウソウ目ブッポウソウ科)全長29cm
探鳥4日目の早朝に島の南側雑木林の高い木の枝に青黒い鳥が・・・・
2羽止まっているのを発見!!約200mほどの距離でしたので
双眼鏡で覗いて見ると・・・全身青緑色で嘴・足が赤いブッポソウさん!!
朝陽の光があたると美しい輝きから、「森の宝石」と呼ばれているようです。
高い木から周りを見渡し、昆虫を捕る為に飛ぶと・・・翼に青色の班がでます。
舳倉島では初めての出逢いとなりました。
c0319902_07320058.jpg
c0319902_07313342.jpg
c0319902_07311387.jpg


c0319902_07303962.jpg
c0319902_07305804.jpg
c0319902_07292390.jpg

by GOT8823HY | 2017-05-30 09:04 | ブッポウソウ

カササギ:松の枝姿:2017

カササギ(スズメ目カラス科)全長45cm 翼開長52cm~62cm
OB会出席の為神戸に帰った際、海岸沿いの公園に営巣しているカササギさんに
逢いに行ってきました。5時半にホテルを出発、営巣地に6時過ぎ到着。
広い公園の松林を探しても姿を確認できません。。。。
犬を連れて散歩している人に尋ねると・・・今朝はこちらで鳴いていたんや!!
と親切に案内して下さり、「この辺の松の天辺を探しなはれ!!」と教えてもらいました。
言われた当たりをくまなく探していると「カチカチ」と鳴いた松葉の陰にカササギがいました。
「見つけたぁ!!」と内心嬉しくなりながら手持ちカメラのシャッターを切る・・・・・・
画像を確認すると被れ画像ばかり。全姿を現して!!眼が入る陽光の場所に止まって等願いながら
シャッターチャンスを待つ。しばらくすると願いが叶いカササギさんの登場!!・・・ありがとう・・・・
「カササギ補足」
400年前に豊臣秀吉の朝鮮出兵の頃、朝鮮半島から佐賀周辺に持ち込まれたようです。
韓国の国鳥であり、日本のカラスより一回り小さい鳥です。

c0319902_07355676.jpg

c0319902_06500562.jpg
c0319902_07245162.jpg

c0319902_06520983.jpg

c0319902_07064905.jpg



c0319902_06510328.jpg
c0319902_07175362.jpg
c0319902_07194843.jpg


by GOT8823HY | 2017-05-29 09:13 | カササギ

コルリ一瞬の出逢い姿:2017舳倉島探鳥⑤

コルリ(若)(スズメ目ツグミ科)全長14cm
舳倉島探鳥初日の午後、島にいる鳥を確認する為観察舎の水場に行きました。
バーダーさんに聞くと、鳥が少ないよ!!と言われ出鼻をくじかれましたが・・・・・・
しばらく手持ちカメラを構えて待っていると・・・暗闇から青い鳥が姿を見せてくれました。
シャッター音に驚き、「一瞬」姿を消してしまいました。コルリの若のようでした。
昨日までは・・・・マミジロがいたようです。今日は姿が見えない等、渡り途中の立ち寄り
なので抜けてしまうようです。常時姿を見せるのはシメ・キビタキ雄・ウグイス・ムシクイでした。

c0319902_09342078.jpg
c0319902_09330462.jpg
c0319902_09333616.jpg
c0319902_09314270.jpg
c0319902_09323167.jpg
c0319902_09320340.jpg

by GOT8823HY | 2017-05-28 09:35 | コルリ

ウミネコ:水浴び姿:2017舳倉島探鳥④

ウミネコ(チドリ目カモメ科)全長47cm
カモメとウミネコさんの違いが・・・いまだに判りません。
図鑑等で調べると、ウミネコは尾に黒帯がないのが決め手のようです。
ウミネコは日本近海に生息しており、海岸線を散策すると出逢えます。
居住地では35度の猛暑日だったようですが・・・舳倉島でも雨が降らず
島の中にある龍神池にウミネコさんが水浴びに飛来する頻度が多く。
気持ちよさそうに水浴びをしている姿を観察しました。
きれいな水を体に降り掛ける様子を見ていると・・・・一緒に水浴びを
したい心境になりましたよ!!
c0319902_21081394.jpg
c0319902_21054192.jpg
c0319902_21083735.jpg
c0319902_21073563.jpg
c0319902_21061250.jpg
c0319902_21070770.jpg
c0319902_21075313.jpg
c0319902_21064691.jpg


by GOT8823HY | 2017-05-27 10:03 | ウミネコ

エゾビタキ:フライングキャッチ姿:2017舳倉島探鳥③

エゾビタキ(スズメ目ヒタキ科サメビタキ属)全長14.5cm
サメビタキ・コサメビタキ・エゾビタキさん等ヒタキ類で一番可愛い小鳥です。
識別が難しいので・・・・誤認しやすいですね!エゾビタキは胸部にはっきりした褐色の
縦斑があるので分かりやすい。居住地では秋に出逢えますが・・・この度の探鳥散策で
一番出逢いが多かったです。餌を捕る「フライングキャッチ」姿を観察しました。
好きな枝に止まり、逆光に映える透き通ったハバタキ姿が印象的でしたよ!!
c0319902_20275285.jpg
c0319902_20290282.jpg
c0319902_20293016.jpg
c0319902_20272572.jpg
c0319902_20295009.jpg
c0319902_20282867.jpg
c0319902_20265069.jpg

by GOT8823HY | 2017-05-26 09:08 | エゾビタキ

カラスバト:金属光沢の映える枝姿:2017舳倉島探鳥②

カラスバト(ハト目ハト科カワラバト属)全長37~40cm翼開長63cm
日本特産種で伊豆・小笠原・南西諸島等の南西部の島で常緑広葉樹林に住み
木の実などを採食するようです。舳倉島探鳥で毎回出逢いますが・・・・・・
警戒心が強く、松林・広葉樹林の暗い場所にいるので、中々枝に止まっている姿を
撮る機会が少ない。二日目の夕方・・・松林の暗い場所に3羽が止まっている姿を確認。
2羽が気配を感じて飛び立つてしまいましたが・・・1羽が枝に止まってこちらを・・・
見て「爺さん!!早く撮ってね・・・」と一瞬のポーズをカメラに収める事が出来ました。
画像を確認すると・・・全身がカラスのように黒く、頸周りに紫・緑等の金属光沢が映える
華麗な姿・脚は桃色・嘴は青緑色で先端が淡い黄色でした。・・・ありがとう・・・・
c0319902_09254649.jpg
c0319902_09251476.jpg
c0319902_09244334.jpg
c0319902_09261955.jpg

by GOT8823HY | 2017-05-25 09:27 | カラスバト

オグロシギ:華麗な夏羽姿:2017舳倉島探鳥①

オグロシギ(チドリ目シギ科)全長38cm
4泊5日の日程で舳倉島へ野鳥散策に行ってきました。
昨年の秋の探鳥では・・・台風の翌日だった為、海が荒れて
船酔いをしましたが、今回は天気に恵まれ往復べた波で快適な旅でした。
目的の探鳥散策は・・・好天が裏目となり、島に立ち寄らずに通過して行く
鳥が多く、鳥の種類が少ないようでした。でも!!秋より春の方が出逢う種類は
多く楽しい出逢いとなりました。逐次掲載して参りますのでご覧くだされば幸いです。
滞在中島の東側の地平線から・・・真っ赤な太陽が昇り海面を赤く染めてくれます。
山の中に日々暮らす者として・・・・最高のご褒美をいただきました。
オグロシギさんの夏羽は頭部・胸が赤褐色で頭頂から後頸にかけて黒い縦斑がある華麗な姿に
出逢う事が出来ました。
c0319902_10354473.jpg
c0319902_10362252.jpg
c0319902_10370316.jpg
c0319902_10443351.jpg
c0319902_10384020.jpg
c0319902_10390551.jpg
c0319902_10394445.jpg
c0319902_10392391.jpg

by GOT8823HY | 2017-05-24 10:54 | オグロシギ

ツミ:枝姿:2017

ツミ(タカ目ハイタカ属)全長30cm

年々繁殖する場所が少なくなっているツミさん!!
無事に雛を育てあげるでしょうか?
横暴なカラス軍団には「ちょっと手ごわく」なっているようです。
1ヶ月ぐらい観察してないので気になりますね・・・・・・


c0319902_17371930.jpg

c0319902_17382374.jpg
c0319902_17395540.jpg
c0319902_17363129.jpg
c0319902_17390211.jpg
c0319902_17391945.jpg


by GOT8823HY | 2017-05-23 17:45 | ツミ

里山での出逢い!!:2017

里山も・・・新緑から深緑に移行して癒される場所となりました。
暑くもなく寒くもない絶好の季節ですね・・・・
野鳥たちも・・・繁殖期真っ只中!!子供連れの姿が楽しみです。
キセキレイの木枝姿(めったに見られない)イカルの採食と飛び立つ姿
ビンズイさんの木の枝に止まる姿等を観察しました。
c0319902_12345609.jpg
c0319902_12350791.jpg
c0319902_12352865.jpg
c0319902_12354566.jpg
c0319902_12351784.jpg
c0319902_12355585.jpg
c0319902_12360420.jpg


by GOT8823HY | 2017-05-22 09:29 | キセキレイ