カササギ:日陰の松枝姿:2017

カササギ(スズメ目カラス科)全長45cm
九州の筑紫平野に主に生息しているカササギさん!!
関東では出逢うことがないカラス科の鳥です。
冬鳥のミヤマガラスの群れに混じって渡来するコクマルガラスと
よく似ていますが・・・違いますよ!!カラスの顔は黒いので・・・
日陰での顔の表情がわかりませんが?愛嬌があるカラスですね!!
大好物の雄花の実を美味しそうに食べていました。

c0319902_09353854.jpg
c0319902_09320758.jpg
c0319902_09322273.jpg
c0319902_09323901.jpg
c0319902_09325234.jpg
c0319902_09330576.jpg
c0319902_09332200.jpg
c0319902_09335359.jpg
c0319902_09333840.jpg
c0319902_09341748.jpg
コクマルガラス





# by GOT8823HY | 2017-06-03 09:38 | カササギ

チゴモズ:狩り枝姿:2017舳倉島探鳥⑧

チゴモズ(スズメ目モズ科)全長18cm
探鳥初日の午後、南西部の低地林にチゴモズさんが出没しているとの情報があり
ポイントに行くと数人のCMさんがスタンバイしていました。
陽炎が強い炎天下の中、しばらく待っていると・・・・低地林の中から枝に止まりました。
廻りをキョロキョロしながら餌を探す様子を観察することができました。
特徴:頭は青灰色で嘴から黒いアイマスクをしたように「下限線」があり、背と尾は茶褐色。
夏鳥で国内で見られるモズ仲間で最小です。
c0319902_07591158.jpg
c0319902_08003706.jpg
c0319902_07595528.jpg
c0319902_07583785.jpg
c0319902_07585239.jpg
c0319902_07592965.jpg





# by GOT8823HY | 2017-06-02 08:04 | チゴモズ

ハヤブサ空中餌渡し姿:2017

ハヤブサ(ハヤブサ目ハヤブサ科)全長♂42cm♀49cm
今日から6月、光陰矢の如しの諺がありますように・・・歳を重ねる度に月日の経つ速さに
驚く日々です。野山の野鳥たちも・・・子育て真っ只中!!1羽でも多く巣立ってほしいですね!
ハヤブサの雛も大きくなり、親が餌を運ぶ回数も多くなる日々です。
CMさんが1番撮りたいシーンが・・・[空中餌渡し姿]です。1日で1~2回程のチャンスを”ゲット”
するには至難の技(気象条件「光・陽炎」・鳥の動き「♂と♀」撮影技術「シャッター速度・深度・ISO」等が
要求されます。未熟な吾輩には無理ですが・・・餌渡しの様子を描写することができました。ご覧ください。
雄がホバリングをしながら口に餌を咥え・・・雌が下から接近してくるタイミングを見計らって・・・口から離す。
それを雌が脚で掴めば成功ですが・・・タイミングが合わず・落下!!素早く雌が拾うシーンです。
c0319902_09155898.jpg
c0319902_09161085.jpg
c0319902_09162846.jpg
c0319902_09164392.jpg
c0319902_09165734.jpg
c0319902_09171004.jpg
c0319902_09172161.jpg
c0319902_09173482.jpg
c0319902_09175203.jpg
c0319902_09180940.jpg
c0319902_09182739.jpg
c0319902_09220221.jpg


# by GOT8823HY | 2017-06-01 09:24 | ハヤブサ

アマサギ:婚姻色枝姿:2017舳倉島探鳥⑦

アマサギ(コウノトリ目サギ科アマサギ属)全長50cm
島の北西部海岸沿いの散策路を歩いていると、中央の松林が茂る枝に
アマサギさんが2羽止まっていました。居住地では・・・田植が終わる頃
稲穂の間から顔を出す姿が通例ですが!!木の枝・柵の上にいる姿は新鮮です。
灯台を背景に2羽の夏羽のアマサギさんを撮って見ました。風情が漂いますね!!
c0319902_22462502.jpg
c0319902_22451399.jpg
c0319902_22440362.jpg
c0319902_22434011.jpg
c0319902_22445104.jpg
c0319902_22460894.jpg

# by GOT8823HY | 2017-05-31 09:10 | アマサギ

ブッポウソウ:飛翔&枝:2017舳倉島探鳥⑥

ブッポウソウ(ブッポウソウ目ブッポウソウ科)全長29cm
探鳥4日目の早朝に島の南側雑木林の高い木の枝に青黒い鳥が・・・・
2羽止まっているのを発見!!約200mほどの距離でしたので
双眼鏡で覗いて見ると・・・全身青緑色で嘴・足が赤いブッポソウさん!!
朝陽の光があたると美しい輝きから、「森の宝石」と呼ばれているようです。
高い木から周りを見渡し、昆虫を捕る為に飛ぶと・・・翼に青色の班がでます。
舳倉島では初めての出逢いとなりました。
c0319902_07320058.jpg
c0319902_07313342.jpg
c0319902_07311387.jpg


c0319902_07303962.jpg
c0319902_07305804.jpg
c0319902_07292390.jpg

# by GOT8823HY | 2017-05-30 09:04 | ブッポウソウ