タグ:小鳥 ( 438 ) タグの人気記事

カワセミ:コバルトブル-色2017

カワセミ(ブッポウソウ目カワセミ科)全長17cm
誰もが・・・鳥撮りにハマル動機となるカワセミさん!!
陽光に映える背中の「コバルトブルー色」が華麗で美しい。
スズメ大でオレンジ色の腹・木枝に止まり・水面に飛び込み
小魚を獲る瞬間シーンを狙うが・・・中々難しいですわ!!
又、小枝に止まり魚を狙う「忍耐力」に頭が下がりますね。。。。
c0319902_10005205.jpg
c0319902_10010574.jpg
c0319902_10012213.jpg
c0319902_10014397.jpg
c0319902_10015631.jpg

by GOT8823HY | 2017-08-16 10:02 | カワセミ

スズメ:雀傘&水浴び2017

スズメ(スズメ目ハタオリドリ科)全長14cm
昨日の居住地付近の温度は全国で一番熱い38.8度を記録。
車中のエアコン効果が効かない一日でした。
公園の水場に行くと・・・スズメさんが水浴びをしている様子を観察。
とても暑かったようで全身を浸ける頻度は多いように感じました。
又、仲間が水浴びする上で雀傘(日陰)になっているようにも見えましたよ!!
さっぱりした姿で枝に止まる光景は・・・満足そうでしたね!!
c0319902_09582371.jpg
c0319902_09580849.jpg
c0319902_09575381.jpg

c0319902_09585794.jpg
c0319902_09592316.jpg
c0319902_09594127.jpg
c0319902_10000855.jpg

by GOT8823HY | 2017-08-10 10:00 | スズメ

カワラヒワ:水浴び2017

カワラヒワ(スズメ目アトリ科)全長14cm
1年を通じて身近に出逢えるカワラヒワさん・・・全身黄色味のある褐色で
ピンク色の嘴をした可愛い小鳥です。真夏になると生物は・涼を求めます。
特に蒸し暑い日々は・・・さっぱりしたいですね!!
水溜まり場に飛来して頭から水を被る表情を観察すると・・・一緒に水を被りたい
心境になりました。又、羽ばたいた時の「黄色い帯」が華やかで癒されますね。。。。
c0319902_09385542.jpg
c0319902_09391666.jpg
c0319902_09393275.jpg
c0319902_09394914.jpg
c0319902_09401176.jpg
c0319902_09402671.jpg
c0319902_09404742.jpg

by GOT8823HY | 2017-08-08 09:41 | カワラヒワ

コヨシキリ:囀る姿2017

コヨシキリ(スズメ目コヨシキリ科)全長13.5cm
葦原に夏鳥として渡来するコヨシキリさん・・・オオヨシキリより
4cmほど小さい小鳥です。葦の枝に止まり・大きな口を開けて・・・
囀っている姿を観察しました。オオヨシキリは「怒鳴る」ような鳴き声
ですが、「チリチリチュチュイジュリリ・チリチリビ」と小さく細い声で
囀っていました。「どんな思いで・・・鳴いているのかなぁ!!」
c0319902_07505852.jpg
c0319902_07511042.jpg
c0319902_07504434.jpg
c0319902_07503037.jpg
c0319902_07515042.jpg
c0319902_07512588.jpg

by GOT8823HY | 2017-07-26 08:36 | コヨシキリ

春の舳倉島探鳥総括

今まで秋2回舳倉島へ「珍鳥との出逢い」を期待して往訪しましたが・・・
残念ながらタイミングに恵まれず、今回初めて春の夏鳥の渡り時期に挑戦!!
5月中旬4泊5日の日程で往訪。天気に恵まれ暑い探鳥散策となりました。
前日まで逢いたいコウライウグイスさんがいたようでしたが・・・19日到着した時は
前夜に抜けてしまったようで出鼻をくじかれましたが!3日目に超珍鳥のイナバヒタキに
出逢い・撮りたかったムギマキ・カラスバト・チゴモズ・コシアカツバメさんに出逢うことが
できました。ご承知のように天気が崩れると渡りの途中に「羽を休める島」ですが好天が続くと
飛来数が少ないようです。しかし、秋より春の方が出逢う鳥さんが多いと感じました。
2軒しかない民宿の予約が確保できれば、春に往訪したいですね。。。。。
この度の探鳥散策でも・・・多くのバーダーさんにお世話になりありがとうございました。感謝!!
その他出逢えた鳥さん:ノゴマ♂♀キビタキ♂♀アマサギ・トビ・シメ・センダイムシクイ・マヒワ
アオジ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・カモメ・コムクドリ・ハヤブサ・アオバト・エゾビタキ・キジバト
サメビタキ・コサメビタキ・ギンムクドリ・カッコウ・ホシゴイ・ハチクマ・ブッポウソウ・キアシシギ・カラス
オグロシギ・キョウジョウシギ・ウグイス・オオヨシキリ・オオムシクイ・マミチャジナイ・アカハラ・イカル等

c0319902_07223499.jpg
c0319902_07224311.jpg

イナバヒタキ

c0319902_07225679.jpg


ムギマキ

c0319902_07230481.jpg


チゴモズ

c0319902_07231304.jpg


コシアカツバメ

c0319902_07243199.jpg


サメビタキ

c0319902_07240021.jpg

アオバト
c0319902_07264325.jpg

オグロシギ夏羽
c0319902_07304662.jpg

日の出
c0319902_07305538.jpg

舳倉島


by GOT8823HY | 2017-07-21 08:41 | イナバヒタキ

キビタキ:番 2017舳倉島探鳥(26)

キビタキ(スズメ目ヒタキ科)全長14cm
春の舳倉島探鳥散策の初日から1番出逢いが多かったキビタキさん!!
炎天下の散策道に飛来をして「愛嬌」を振りまいてくれました。
珍しい小鳥ではありませんが・・・喉から胸にかけて橙色がかっている雄の華麗な姿
地味なオリーブ色の雌が笹藪の枝に止まる光景は・・・今でも脳裏に刻まれています。
歩いても・・・鳥に出逢えない疲れた時に「ひょっこり」姿を現して和ましてくれました。
c0319902_09441599.jpg
c0319902_09454667.jpg
c0319902_09460000.jpg
c0319902_09462017.jpg
c0319902_09463657.jpg
c0319902_09465126.jpg

by GOT8823HY | 2017-07-15 09:47 | キビタキ

ノゴマ:水浴び2017舳倉島探鳥(25)

ノゴマ(♀)(スズメ目ツグミ科)全長16cm
この度の探鳥散策で初めて出逢ったノゴマ(♀)さん・・・・
心情的にはオスを期待しますが・・・メスの地味な姿もインパクトある
眉班が印象的ですね!!涼を求めて水浴びする姿を観察しました。
c0319902_09145316.jpg
c0319902_09151053.jpg
c0319902_09152634.jpg
c0319902_09160397.jpg
c0319902_09162581.jpg
c0319902_09163960.jpg
c0319902_09172194.jpg
c0319902_09173604.jpg

by GOT8823HY | 2017-07-13 09:18 | ノゴマ

チゴモズ:枝止まり姿2017

チゴモズ(スズメ目モズ科)全長18cm
5月中旬に舳倉島探鳥で愛嬌を振りまいてくれたチゴモズさん!!
今シーズンも・・・隣県の営巣地でも出逢うことができました。
夕立の降った後、立ち寄って見ると・・・CMさんがいない静寂な里山でした。
おばぁさんに挨拶をしに行くと!!元気そうな笑顔で迎えていただきました。
 お元気ですか? 元気だよ!! 今・来たのかい・・・・はい そうです。
 お邪魔します。 はいよ!!と言葉を交わす。トラブルのあった昨年と違い
ご機嫌のようで安心しました。「一言言葉を交わす」事で気持ちが通じあう事の
大切さを改めて痛感したしだいです。頑固爺さんにはなりたくないですから・・・(笑う)


c0319902_06522078.jpg
c0319902_06522818.jpg
c0319902_06523651.jpg
c0319902_06524726.jpg
c0319902_06525999.jpg

by GOT8823HY | 2017-07-11 09:23 | チゴモズ

サンコウチョウ♂:出逢い2017

サンコウチョウ(スズメ目カササギヒタキ科)全長♂45cm♀18cm
毎年繁殖の為に渡来し、数羽の雛を育んで帰るサンコウチョウさん・・・・
空梅雨の影響か?いつもの繁殖期の行動と違うように思われます。
鳴き声は・・・聞くことができますが・縄張り内での姿を見ることが少ない。
稀に営巣をしても・・・カラス・ヘビに卵を食べられたとの話で終わる。
今季は可愛い雛の巣立つ姿は・・・観察できないのでしょうか?残念ですね!!

c0319902_23033865.jpg



c0319902_22530241.jpg
c0319902_22534467.jpg


by GOT8823HY | 2017-07-08 09:34 | サンコウチョウ

オオムシクイ:松枝姿2017舳倉島探鳥(24)

オオムシクイ(スズメ目ムシクイ科)全長13cm
2015年9月に関東・東北豪雨自然災害で甚大な被害の爪痕が残る中・4日から西日本
(島根・福岡・大分)で500mmを超える集中豪雨となり、甚大な被害が発生しています。
友人・知人も多く、被害が拡大しないよう祈るばかりです。お見舞い申し上げます。
この度の舳倉島探鳥で出逢ったオオムシクイさん!!いまだにムシクイ類の
識別が理解できないですね!舳倉島にはムシクイ類が多いのですが・・・・
東京(エゾムシクイ)仙台(センダイムシクイ)しか分かりません(笑)
ボケ防止に観察しながら記憶に残していきたいと思います。
c0319902_10054900.jpg
c0319902_10065508.jpg
c0319902_10060616.jpg
c0319902_10064139.jpg
c0319902_10062142.jpg
c0319902_10073208.jpg
c0319902_10074457.jpg

by GOT8823HY | 2017-07-06 10:08 | オオムシクイ