タグ:小鳥 ( 425 ) タグの人気記事

ノゴマ:雌姿2017舳倉島探鳥(21)

ノゴマ(スズメ目ツグミ科)全長16cm
この度の探鳥散策で初めて出逢うことが出来たノゴマ(♀)さん!!
雄のような喉に「赤い班紋」がなく地味ですが・・・スマートな長い足が魅力です。
唯一の繁殖地北海道に渡る途中に立ち寄り・羽を休めてくれました。
ゆっくり休養して・可愛い雛を育んでほしいですね。。。。

c0319902_22011607.jpg
c0319902_22014517.jpg
c0319902_22020224.jpg
c0319902_22024177.jpg
c0319902_22025695.jpg



by GOT8823HY | 2017-06-26 09:18 | ノゴマ

ニュウナイスズメ:繫殖期2017

ニュウナイスズメ(スズメ目ハタオリドリ科)全長14cm
桜が咲く春に群れで飛来し、蜜を吸うしぐさが愛くるしいニュウナイスズメさん!!
高山の開けた林の中の樹洞で子育てをしている光景を観察しました。
雄と雌が交互に昆虫を咥えて巣穴に戻り、雛に口移しでやっていました。巣穴はキツツキが
利用していた巣穴を活用しているようです。幹の太さが細いのでコゲラでしょうか?
親が1羽穴に入っても・・・雛は大丈夫かなぁ!!抱卵12日巣立ち14日ぐらいのようです。
密室の中で育む雛が・・・元気な姿で巣立ってほしいものですね。。。。
c0319902_10145805.jpg
c0319902_10155950.jpg
c0319902_10151396.jpg
c0319902_10152534.jpg
c0319902_10154860.jpg
c0319902_10153631.jpg
c0319902_10161259.jpg
c0319902_10162857.jpg


by GOT8823HY | 2017-06-24 10:19 | ニュウナイスズメ

チゴモズ:昼下がりの出逢い2017舳倉島探鳥⑲

チゴモズ(スズメ目モズ科)全長18cm
5月19日10時半に舳倉島港に無事到着。民宿に荷物を預ける。
探鳥散策の身支度をして島の外周を歩くと・・・CMさんが群がっていました。
チゴモズさんが出ているとの由。とりあえず下見を兼ねて島全体を歩くことに・・・・
外周散策路から島の中央にある散策路を歩いていると右側の低い草原の木の枝に
チゴモズが止まっていました。  ”こんにちわ” よく来たね!!爺さん......
と言っているようにこちらを見つめてくれました。丁度昼下がりの午後2時頃でした。
   ”誰に聞いて来たんだい”と野暮な事は言いませんでしたね・・・・(笑)



c0319902_08590008.jpg
c0319902_08591962.jpg
c0319902_08593265.jpg
c0319902_09011196.jpg
c0319902_09012608.jpg




by GOT8823HY | 2017-06-20 09:05 | チゴモズ

アオジ:囀り姿2017舳倉島探鳥⑰

アオジ(♂)(スズメ目ホォジロ科)全長16cm
晴天が続く舳倉島探鳥3日目になると・・・老体の疲労もピーク!!
足が棒になり・膝もガクガクして体力のなさを痛感しました。
今朝も、島の海は穏やかで暑い探鳥散策を覚悟しなければならないようだ!
海原を見渡すと・・・・1隻の漁船が漁をする風景が目の当たりに入る。。。。
大漁を願いながら散策道を歩いていると・・・海岸沿いの1本の梢にアオジさんが
美しい声で「チョッピーチョッピイーチリリ」と囀っている姿を観察しました。
居住地では地鳴き「チッ・チッ」を良く聞きますが・・・・・・
海岸沿いでの囀る光景は、新鮮で元気をもらいました。”さぁ”今日も楽しむぞ!!
c0319902_07362840.jpg
c0319902_07360497.jpg
c0319902_07354422.jpg
c0319902_07364619.jpg
c0319902_07362840.jpg
c0319902_07373313.jpg


by GOT8823HY | 2017-06-16 09:01 | アオジ

ムギマキ:採食枝姿2017舳倉島探鳥⑮

ムギマキ雄(スズメ目ヒタキ科)全長13cm
今回の舳倉島探鳥で出逢いたい鳥の1種ムギマキ(♂)さんに3日目の午後
松林の中で出逢うことが出来ました。キビタキ♂と見分けがつかないぐらい
松の枝に被れている場所でした。”一瞬”動いた場所が良かったので・・・・・
全体の容姿をカメラに収めることができました。華やかな雄との出逢いに感動!!
珍鳥との出逢いがなかったのでラッキーでした。・・・・ありがとう・・・・
ムギマキ雄の特徴
橙褐色の胸・上面は黒く肩に白い斑があり目の後方の白い眉斑が特徴。
春秋の渡り時期にのみ見られる旅鳥で数が少ないようです。
c0319902_10040868.jpg
c0319902_10042839.jpg
c0319902_10051508.jpg
c0319902_10063118.jpg
c0319902_10055239.jpg
c0319902_10065400.jpg

by GOT8823HY | 2017-06-14 10:09 | ムギマキ

ノゴマ:立ち寄り姿2017舳倉島探鳥⑬

ノゴマ♂(スズメ目ツグミ科)全長15cm
北海道に夏鳥として渡来する途中・・・島に立ち寄ったノゴマ雄さん!
早朝、朝陽当たる散策道に可愛い姿を見せてくれました。
”おはよう”今日も暑くなるね!!爺さんハッスルしすぎると・・・倒れるよ!
焦らず・・・水分補給をしながら楽しんでけれ!!と誘導してくれました。
繁殖地はユーラシア大陸東北部であるが!国内では北海道で繁殖しているようです。
足が長く喉に赤い班がとても印象的な鳥です。
c0319902_21314125.jpg
c0319902_21323679.jpg
c0319902_21315888.jpg
c0319902_21321517.jpg
c0319902_21311710.jpg

by GOT8823HY | 2017-06-10 09:16 | ノゴマ

コシアカツバメ:電線止まり姿2017舳倉島探鳥⑫

コシアカツバメ(スズメ目ツバメ科)全長18cm
今日も島(1周5km)を早朝から夕暮れまで歩き続けてバテ気味です。
足を引きずりながら・・・民宿に戻る途中!電線にコシアカツバメさんが
疲れ果てた容姿で2羽止まっていました。近づいても逃げません。。。。
今!!渡って来たところのようです。「ゆっくり休んでから旅立ち」を・・・・
願いながら観察しました。夕陽に映える容姿を眺めると疲れも半減しますね!


c0319902_09221519.jpg
c0319902_09231530.jpg
c0319902_09235714.jpg
c0319902_09233336.jpg
c0319902_09225339.jpg
c0319902_09224003.jpg

by GOT8823HY | 2017-06-09 09:26 | コシアカツバメ

オオムシクイ:水浴び姿2017舳倉島探鳥⑨

オオムシクイ(スズメ目ムシクイ科)全長13cm
探鳥散策最終日の午後、船が出港するまで水場にて時間を潰す。
今日も暑く鳥が少ないのでCMさんで賑わっていました。
島にいる鳥さんが、涼を求めて水場に飛来する最後の期待を・・・
オオムシクイさんが水場に飛来!!気持ちよさそうに水浴びする姿を
観察することが出来ました。ムシクイ類の識別は分かりませんが・・・
皆さんがオオムシクイと言われていました。
メボソムシクイと似ていますが、嘴が細く下面の黄色が濃いのがポイント。
c0319902_09401097.jpg

c0319902_07421506.jpg
c0319902_07423805.jpg
c0319902_07425018.jpg
c0319902_07431793.jpg
c0319902_07434001.jpg
c0319902_07435819.jpg
c0319902_07442269.jpg
c0319902_07443732.jpg

by GOT8823HY | 2017-06-04 08:53 | オオムシクイ

コルリ一瞬の出逢い姿:2017舳倉島探鳥⑤

コルリ(若)(スズメ目ツグミ科)全長14cm
舳倉島探鳥初日の午後、島にいる鳥を確認する為観察舎の水場に行きました。
バーダーさんに聞くと、鳥が少ないよ!!と言われ出鼻をくじかれましたが・・・・・・
しばらく手持ちカメラを構えて待っていると・・・暗闇から青い鳥が姿を見せてくれました。
シャッター音に驚き、「一瞬」姿を消してしまいました。コルリの若のようでした。
昨日までは・・・・マミジロがいたようです。今日は姿が見えない等、渡り途中の立ち寄り
なので抜けてしまうようです。常時姿を見せるのはシメ・キビタキ雄・ウグイス・ムシクイでした。

c0319902_09342078.jpg
c0319902_09330462.jpg
c0319902_09333616.jpg
c0319902_09314270.jpg
c0319902_09323167.jpg
c0319902_09320340.jpg

by GOT8823HY | 2017-05-28 09:35 | コルリ

エゾビタキ:フライングキャッチ姿:2017舳倉島探鳥③

エゾビタキ(スズメ目ヒタキ科サメビタキ属)全長14.5cm
サメビタキ・コサメビタキ・エゾビタキさん等ヒタキ類で一番可愛い小鳥です。
識別が難しいので・・・・誤認しやすいですね!エゾビタキは胸部にはっきりした褐色の
縦斑があるので分かりやすい。居住地では秋に出逢えますが・・・この度の探鳥散策で
一番出逢いが多かったです。餌を捕る「フライングキャッチ」姿を観察しました。
好きな枝に止まり、逆光に映える透き通ったハバタキ姿が印象的でしたよ!!
c0319902_20275285.jpg
c0319902_20290282.jpg
c0319902_20293016.jpg
c0319902_20272572.jpg
c0319902_20295009.jpg
c0319902_20282867.jpg
c0319902_20265069.jpg

by GOT8823HY | 2017-05-26 09:08 | エゾビタキ