人気ブログランキング |

ノゴマ♂:立ち寄り姿2019舳倉島⑤

ノゴマ(スズメ目ツグミ科)全長16cm
夏鳥として北海道にて繁殖するノゴマさん!!
国内では、春と秋に旅鳥として出逢えることがある。
今回も島の笹藪で・喉が赤いオスに出逢うことができました。
日陰狭間から一瞬ですが・華麗な姿を見せてくれましたよ!!
c0319902_06465775.jpg
c0319902_06470797.jpg
c0319902_06471879.jpg
c0319902_06473149.jpg
c0319902_06475266.jpg
c0319902_06480240.jpg


# by GOT8823HY | 2019-05-22 06:48 | ノゴマ

オオルリ♂:美しい姿2019舳倉島④

オオルリ(スズメ目ヒタキ科オオルリ属)全長16cm
春から初夏にかけて、繁殖の為に渡来するオオルリさん!!
居住地では・高い木の梢に止まり美しい声で囀る人気の小鳥です。
二日目の早朝から・散策路沿いにて出逢うことが増えて来ました。
渡って来て羽を休め・地面に下りて採食する姿を・・・・
沢山食べて体力をつけ・繁殖地に飛び去るのでしょうね。。。
c0319902_07074982.jpg
c0319902_07075803.jpg
c0319902_07080774.jpg
c0319902_07081810.jpg
c0319902_07082932.jpg
c0319902_07083967.jpg
c0319902_07084858.jpg

# by GOT8823HY | 2019-05-21 07:10 | オオルリ

ノビタキ♂:夏羽至近姿2019舳倉島③

ノビタキ(スズメ目ツグミ科)全長13cm
散策路を歩いていると・・・ノビタキさんが数羽飛んでいる姿を確認。
近くに飛来してくれたらなぁ!!と思いながら様子を見ていると・・・
近くの木の枝に、♂姿を発見!!慌てて手持ちカメラを向けるが・手の
震えがとまらない。枝が被って華麗な姿を捉えることができない。
動くと飛び去るので・手を左右に動かし狭間を探し撮る醍醐味を体感しました。
一瞬の出来事でしたが・頭から背中・尾っぽまで黒く・白い腹・胸の淡い橙色の
美しい姿に出逢えラッキーでしたよ!!・・・・ありがとう・・・・
c0319902_07332740.jpg
c0319902_07333998.jpg
c0319902_07340055.jpg
c0319902_07341196.jpg
c0319902_07342665.jpg
c0319902_07343886.jpg


# by GOT8823HY | 2019-05-20 07:35 | ノビタキ

コホオアカ:ホオジロ類で最小姿2019舳倉島②

コホオアカ(スズメ目ホオジロ科)全長12.5cm
シベリア東部で繁殖し、日本へは旅鳥として少数が渡来する。
特徴として:茶褐色の頭央線・頭側線があり・胸に細かい縦斑がある。
夏羽のオスは、頬だけではなく顔全体が赤いですね!!
又、ホオジロ科の中で最小の鳥なので・草むらの中に入ると探すのに苦労しました。
初日の午後、近距離にて・1羽のコホオアカさんに出逢えてラッキーでしたよ。。。
c0319902_20462135.jpg
c0319902_20463196.jpg
c0319902_20464187.jpg
c0319902_20465272.jpg
c0319902_20470414.jpg




# by GOT8823HY | 2019-05-19 06:26 | コホオアカ

イソヒヨドリ♂:朝陽に映える姿2019舳倉島①

イソヒヨドリ♂(スズメ目ヒタキ科イソヒヨドリ属)全長23cm
2日目夜明けとともに・民宿の屋根に止まり「フィーチョイ・チョイピーチョ」と
高く澄んだ大きな声で鳴くイソヒヨドリさんに起こされました。
朝食前の散歩を兼ねて・海岸沿いを散策。波止場の風情漂う石の上にイソヒヨ♂が
朝陽に映える華麗な姿を醸し出してくれました。和名どおり海岸にいるヒヨドリ
ですが・・・・最近は内陸地で出逢うこともあります。
c0319902_06255179.jpg
c0319902_06261814.jpg
c0319902_06260857.jpg
c0319902_06260000.jpg
c0319902_06262741.jpg

# by GOT8823HY | 2019-05-18 06:27 | イソヒヨドリ