アオバズク2016:見張る姿

アオバズク雄(フクロウ目フクロウ科)全長29cm
毎年、梅雨に入るころに渡来し、明ける頃に雛が生える
アオバズクさん・・・今季も、出逢うことができました。
羽角のある種属(コミミズク・コノハズク・トラフズク)を
~ズクと呼ばれるが・・・アオバズクは羽角がありません。
青葉の熟す時期(初夏)に渡来するのでアオバ(熟)ズク
と呼んでいるようです。メスがウロで抱卵し、雄が見張る姿を
観察しました。刺激を与えず可愛い雛の姿を待っています。
c0319902_14181220.jpg
c0319902_14184619.jpg
c0319902_14211015.jpg
c0319902_14192237.jpg


by GOT8823HY | 2016-07-03 14:22 | アオバズク
<< ゴイサギ:2016:飛び込み姿 サンコウチョウ:2016:威嚇姿 >>