人気ブログランキング |

2019年 05月 19日 ( 1 )

コホオアカ:ホオジロ類で最小姿2019舳倉島②

コホオアカ(スズメ目ホオジロ科)全長12.5cm
シベリア東部で繁殖し、日本へは旅鳥として少数が渡来する。
特徴として:茶褐色の頭央線・頭側線があり・胸に細かい縦斑がある。
夏羽のオスは、頬だけではなく顔全体が赤いですね!!
又、ホオジロ科の中で最小の鳥なので・草むらの中に入ると探すのに苦労しました。
初日の午後、近距離にて・1羽のコホオアカさんに出逢えてラッキーでしたよ。。。
c0319902_20462135.jpg
c0319902_20463196.jpg
c0319902_20464187.jpg
c0319902_20465272.jpg
c0319902_20470414.jpg




by GOT8823HY | 2019-05-19 06:26 | コホオアカ